取得できません

毒物/青酸カリ



青酸カリ

ミステリー小説などで砒素と並んでよく使用される毒物

正式名称はシアン化カリウムであり、化学式KCNで表される。

青酸カリを摂取した場合、胃酸と反応して猛毒のシアン化水素が発生する。 青酸カリの致死量は約150mgである。

空気中の二酸化炭素と反応するため保存、使用には注意が必要である。

実は、味が強烈である、空気中の二酸化炭素と反応してしまう、150mgは意外と多いなどの理由から殺人には不向きな毒である。

青酸カリにまつわる話として、帝国ロシア末期の祈祷僧ラスプーチン殺害未遂の話が有名である。ラスプーチンは紅茶に数グラムもの青酸カリを盛られたにもかかわらず、その後何事もなかったかのようにしていたという。この事件の真相には、保存法が悪かった、ラスプーチンは胃酸が少なかった、そもそも青酸カリを盛られていないなど、いくつかの説がある。

金を溶かすことができる。

関連クイズ

関連項目

外部リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-10 (金) 01:48:12 (882d)