取得できません

常用漢字




常用漢字」は、漢字の中で特に身近にある2136字の漢字の事を指します。
ほとんどの漢字クイズはこの常用漢字から出題されます。



常用漢字

  • 元は1945年に制定された「当用漢字」がありましたが、この当用漢字は1850字しかありませんでした。
    (なんと、当用漢字には今では普通に使っている「皿」や「僕」なども登録されていなかったのです・・・)
    • その後、1981年に新たに95字(計1945字)を加え、これを常用漢字としました。

    • そして2010年、1945字の内の5字を削除、新たに196字(計2136字)を加える改定がなされました。

  • ちなみに、そのうちの1006字は「学習漢字」とされ、小学校の6年間で学習します。
    小学校では各学年ごとに学習漢字が割り当てられていますが、中学校の漢字は明確には割り振られていないようです。

常用漢字の追加−1945字→2136字に!

  • 日本の漢字小委員会(文化審議会)が2008年7月15日に、「現行の常用漢字に、新たに188字を追加する」という暫定案を了承しました。
    • この案には、普通に使われているけど常用漢字ではない「誰」や「頃」などがあり、常用漢字の合計は2133字に・・・
      なるかと思われましたが、「今ではあまり使用されない」というような理由から、既に常用漢字に登録されている「匁」や「脹」、「銑」などが5字削除される、という事も暫定案には含まれているため、合計は2128字になりました。

  • 同年9月22日に、同委員会は暫定案を再審議。結果、追加案候補から「蒙」の1字を削除して、新たに「刹」「椎」「賭」「遡」の4字を追加することを了承しました。これにより、追加候補漢字は191字になりました。

  • 翌年の2009年10月23日、同委員会はこれまでの追加候補案を改めて審議。「聘」「憚」「哨」「諜」の4字が候補から外され、「柿」「哺」「楷」「睦」「釜」「錮」「賂」「勾」「毀」の9字が候補に入れられて、追加候補漢字は196字になりました。

  • 更に翌年の2010年6月7日、審議会はこの196字を含む2136字の漢字を改定常用漢字表として文部科学相に答申しました。

  • そして同年11月30日、2136字の改定常用漢字表が告示されました。

常用漢字に追加された漢字

鹿


常用漢字から削除された漢字


追加される読み方

漢字音読み訓読み漢字音読み訓読み
ゆだねるはぐく
こたえるコツ
かかわるやかた
かんがみる
わたしにお
シュンべる
れるいき
つたな
すべつく
はやまるほか
ジュウ
ほうつとまる
える
いや
かなめ
からめるたぐい


  • 今までの常用漢字に無かった新しい読み方も追加されました。
  • この他にも熟語として、「海士(あま)」「鍛冶(かじ)」「固唾(かたず)」「尻尾(しっぽ)」「老舗(しにせ)」「真面目(まじめ)」「弥生(やよい)」も読みに追加されました。


漢字のこぼれ話

こぼれ話1…「卍」

  • ちなみに皆さんは「卍」を知っていますか? 地図記号などでもよくお寺として見ます。
    ところであれって「凹」「凸」などのように漢字なのでしょうか?
    調べると・・・

    「卍」は仏教では釈迦の胸の瑞相が由来らしく、後に「万」の元となった文字らしい。
    日本では寺社の地図記号として使われているが、かつて漢字としても使われていた。
    ちなみに総画数は6画で、部首は「十」である。熟語は「卍巴」(まんじどもえ)など。
    ただし、日本で言う「卍」は正式には「卍字」。

・・・・漢字だったんだ・・・ [worried]

こぼれ話2…【収】【叫】の画数

  • 収の左側の画数が2画か3画かわからず、
    収は画数が4画なのか5画なのかはっきりしない…といわれています。

  • …でも、そんなことがあって良いのでしょうか?
    ほとんどの漢字字典を見ると、【収】は4画、ということになっています。
    「又」の部分は間違いなく2画ですから、左側の部分は「2画」ということになります。
    じゃあ、2画?…少しそれは置いておいて、今度は右側の部分がそっくりな【叫】を見てみましょう。
    こちらは漢字字典を見ると、【叫】は6画、ということになっています。
    「口」の部分は間違いなく3画ですので、右側の部分は「3画」ということになります。

    もうお気付きでしょう。【収】【叫】の共通部分は、画数がそれぞれ違うのです。

    …では、なぜ?

    と、その前に、【収】と【叫】の共通部分をよ〜〜〜く見てみましょう。(右下図)
    なにか分かりましたか?…実は、共通部分の「横棒」が、【収】は右に突き出ていないのに対し、【叫】は突き出ているのです。
    何気ない違いですが、ここが画数を決める重要なポイントになります。

    • ー時は遡ることウン十年…元々、【収】(と【叫】の共通部分はどちらも2画で書かれていました。
      (手書きの際は、【叫】の横棒は右に突き出ないのが普通でした。)
      それが、1945年に制定された「当用漢字字体表」に収録する際、参考にした大漢和辞典に収録されていた【収】と【叫】の字体が右下の様に書かれていました。
      【叫】には本来は無い「右突き出し」があります。

      そこで、「右突き出し」のある【叫】の場合は、「左突き出し」との合わせ技で、「当用漢字字体表」に収録される際に、字体が変更されたものと判断されているのです。
      その結果、従来の右も左も突き出さないで2画で書く字体は旧字体で、「当用漢字字体表」の字体は3画で書く新字体として扱われることになっています。

      これに対して「収」の方は、「左突き出し」しかないので、これは単なるデザイン差*1とみなされ、字体の変更ではないと判断されてしまいました。その結果、「収」の場合は問題の部分は従来通り2画で書き、新字体と旧字体との間に字体の変更はない、という解釈になるわけです。

  • こんなドラマがあり、「【収】の左側は2画で、【叫】の右側は3画である。但し、【叫】を右側を2画で書く場合は旧字体と見なされる。」
    …というようなややっこしい結果になったんですね… [worried]
収叫
  • 補足
    【糾】の右側も同じような経緯で、【叫】と同じ3画です。

関連項目

漢字パズル
財団法人 日本漢字能力検定協会HP


*1 デザイン差…手書きの場合における漢字の形の差。とめ、はね、はらい、突き出し方などの差。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-01-03 (月) 11:09:12