取得できません

宇宙


宇宙

  • 一見、クイズとは関係なさそうに見えるが宇宙まで範囲を広げた、または宇宙を題材にしたクイズがある。

宇宙について

  • 宇宙は私達の暮らしている星、「地球」も含め、無数の星があります。その数は2000億×数千億だとか。
    そして、そこでは星の誕生と死が幾千と繰り返されています。
  • 宇宙に果てはあるのか?」という事に関しては様々な意見があります。
    が、「閉じた宇宙」(宇宙の物質の密度が臨界密度より大きい宇宙)では、宇宙の広がりは有限である、と言う説が立てられているらしい。しかし、端っこは無いと言う。これは宇宙が重力によって閉じていて、どこまでも進むと元の場所に戻って来てしまうから(!?)だとか。

宇宙の歴史

  • 宇宙は一般的に約137億才である事が有名である。つまり、宇宙の大きさは約137億光年で、
    (1光年≒9兆4600億辧
    劼亡校擦垢襪般129602000000000000000000辧ΑΑΑ [worried]

    ・・・と、思いがちだが、これは間違いである。
    実際にはインフレーション理論に基づき、より宇宙は広大であろうと予想されている。
    これは特殊相対性理論上の平らな時空で意味をなすが、実際の宇宙の時空は一般相対性理論により曲がっているため光は直進しない。
    それに加え、膨張している宇宙の曲がった時空の距離を表わす場合には、共動距離が使われる。
    観測可能な宇宙の果てまでの共動距離は、地球を中心とすると全方向に約465億光年である。
    このことから地球を中心とした宇宙の大きさを考える場合、直径約930億光年の球とみなすことができる。
    宇宙の年齢が約137億年であるのに宇宙の大きさが約930億光年であることは、何ら矛盾しない。
    劼亡校擦垢譴弌8797,8000,0000,0000,0000,0000と考えた方が良さそうです。


  • インフレーション理論によれば、宇宙は無の状態から誕生した(ビッグバン)と言われている。
    その勢いは凄まじく、爆発から1澗(10の36乗)分の1秒後には1兆×1兆×1兆×1千億倍にも膨らんだとか。
    計算・・・はしなくてもいいよね?ね? [worried]

  • 10万分の1秒後、光子同が衝突し、クォークや陽子が生まれる。
    • 3分後、陽子と電子から中性子が生まれる。
    • 30万年後、水素原子などが生まれ、宇宙が晴れ上がる。

  • そして数億年後、(約120〜130億年前)ガス状になっていた宇宙の濃い部分が集まって、ようやく銀河の原型が出来ました。
    この後、何億年もかけて元の大きさの10倍まで銀河が成長します。

  • その後宇宙が完全に冷え切ってから太陽系が誕生すると、ほぼ同時に地球も誕生。現在に至っています。

  • ・・・未来の宇宙は3パターンあり、俗に「開いた宇宙」、「平坦な宇宙」、前者でも言った「閉じた宇宙」があります。
    「閉じた宇宙」では恐ろしい事に、最後は1点に潰れて無くなってしまいます。

ここまで知られていながらも、まだまだ分からない事が沢山あります。
…というよりこのページの説明自体が分からないかな? [worried]

他の説明募集中。

関連クイズ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-10 (金) 02:48:12 (9d)