取得できません

ジャンル/川渡りパズル



大昔から伝わる有名なパズルの一つで、さまざまな条件の中で全員を無事川の向こう岸まで渡らせる論理パズルです。

ルール

  • 川岸にいる一団を対岸に渡す。
  • ある特定の組み合わせを一緒にしてはいけない。
    • 「母親は父親がいないと息子を殺す。」「犬はメイドがいないと全員を殺す。」などの条件の下、平和に川を渡る方法を導く。
  • 船には全員が乗ることができない。また、舟を漕げる人も限られている場合がある。

例題

有名な問題を例として紹介する。

あるところに3人の宣教師と3人の人食い人種がいて、舟を使って向こう岸まで渡ろうとしています。
舟には2人まで乗ることができます。
ところが、どんな状況でも、宣教師の数がそこにいる人食い人種の数より少なくなると、彼らに殺されしまいます。

全員無事に向こう岸まで渡るにはどのようにすればよいでしょうか?

解説(タイルコさんによる)

「宣教師と人食い人種」の問題は、私の持っている心理学の教科書では「ホビットとオーク」(Jeffries et al. 1977)というアレンジ問題で紹介されていました。

本当にいいものは、時代を越えても語り継がれるものなんですネo(^-^)o

PDJさんの解答例

宣教師=人、人食い=怪と表します。

人人人怪怪怪
人人人怪   −> 怪怪
人人人怪怪  <− 怪
人人人    −> 怪怪怪
人人人怪   <− 怪怪
人怪     −> 人人怪怪
人人怪怪   <− 人怪
怪怪     −> 人人人怪
怪怪怪    <− 人人人
怪      −> 人人人怪怪
怪怪     <− 人人人怪
       −> 人人人怪怪怪

関連リンク

関連項目


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-10 (金) 02:48:12 (802d)