取得できません

麻雀


麻雀

麻雀とはテーブルゲームの一種である。

原則として4人がテーブルを囲み基本34種類136枚の牌と呼ばれる駒を使って対局する。

ポーカーのように手役を作ってアガるのが目標のゲーム。

麻雀

麻雀に使用される牌は以下の通り。

  • 数牌 - 3種それぞれ1から9まで4枚ずつ
    • 萬子:漢字で「一萬」「五萬」などと書かれた牌。漢数字で表記する。
    • 索子:鳥の絵が描かれている「一索」と赤と緑の棒が描かれている牌。算用数字で表記する。
    • 筒子:丸が描かれた牌。丸囲み数字で表記される。
  • 字牌
    • 風牌:東南西北(麻雀ではこの順番に並べるのが一般的)が書かれた牌。
    • 三元牌:白発中の三種類の牌。無地の「白」以外はその文字が書かれている。
  • その他 - 通常の日本麻雀では使用しない

手について

麻雀は14枚の手牌を一定の構成にすることで完成となる。構成には以下のものがある。

四面子一雀頭
一般的な完成形。4組の面子(後で解説)と1組の対子からなる。
七対子
七組の対子からなる。
特殊
上記以外の組み合わせ。日本の一般的なルールでは国士無双(数牌の1と9と字牌のうち1つを2枚、他を1枚ずつ)のみが該当する。

面子

麻雀の面子には以下のものがある。

  • 対子:同じ牌2枚の組み合わせ
  • 順子:同種の数牌で連続する数字3枚による組み合わせ。「一二三」「678」など。
  • 刻子:同じ牌3枚の組み合わせ。
  • 槓子:同じ牌4枚の組み合わせ。これを使用する場合、宣言して手牌を1枚増やす。

以下の組み合わせは面子として認められない。

  • 4枚以上の連続する数牌:順子1つとそれ以外の牌として扱われる。
  • 9と1は連続しているとはみなさないので「912」のような組み合わせは認められなし。
  • 「2四」や「9九」のように複数の種類の数牌が混じっていてはいけない。

聴牌

あと1枚で完成形になる状態のことを「聴牌」、完成させるために必要な牌を「あがり牌」という。例をいくつか示す。

  • 西西 中中中 123 き 六七 - 「五」か「八」があれば最後の面子が完成する。
  • 北北 22 55 一一 六六 九九 - もう1枚「А廚あれば七対子が完成する。
  • 白白白 二三四 ΝΝ 4555 - 「3」「4」「6」のどれかがあれば面子1つと対子1つが完成する。このように複数(3種類以上)のあがり牌があるものを「多面待ち」と呼ぶ。
  • 19一九´東南西北白発中 - この13牌のどれかがもう1枚あれば完成となる。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-04-07 (水) 22:46:40 (171d)