クイズ大陸クイズ大陸

参加型クイズサイト『クイズ大陸』へようこそ!
(2016/04/25) 投稿キーの受付を再開しました。
(2016/09/12) クイズの問題文中に画像を添付できるようになりました。

FAQ
feedRSS


クイズダンジョン〜第2話〜
難易度:★★  
?紅巾 2007/12/29 10:29
前回のあらすじ
俺達はクイズダンジョンがある遊園地パークランドに到着した。
そこで新たな味方の安藤弘美も加わり、係員の問題を解いたことによって入り口の扉を開き、クイズダンジョンに乗り込むことに成功したのであった。
・・・で、よかったっけ? (^^;) 

後藤 「それでいいんだよ!!」
遠藤 「どうした?急に叫んだりして・・・ (・o・‖)
後藤 「いや、何だかツッコまなければいけないような気がしたもんで (^^;)
安藤 「そんなことより見てください!誰かいますよ!!」
後藤 「本当だ。人影が見える」
遠藤 「え?でも、尻尾に火がついてないぞ」
後藤 「何!?それは命が危険だ!! (○。○)・・・って、それはヒトカゲだ (^^;)
安藤 「それに尻尾もついてないでしょう (^^;)」 

そんな他愛ない会話をしているうちに、人影のある場所に辿り着いた。

紅巾 「ようこそ、第2の関門へ (^_-)
安藤 「あれ?声がするけど姿が見えませんね・・・ (・o・‖)
紅巾 「ここにいるだろ!! (-_-#)
安藤 「あ〜、影が薄すぎて気付きませんでした」
紅巾 「ひどい・・・ (;o;)
後藤 「一番最初に人に気付いたのは安藤だけどな (^^;)」 
遠藤 「ていうか、何で入り口の係員がここに?」
紅巾 「最初は別の係員がいたんだが、『客来ねぇじゃんか!! (-_-#)』と言って帰ってしまったんだ (^^;)」 
遠藤 「まぁ、冬に客は普通来ないよな (^^;)」 
安藤 「で、問題があるんですよね?」
紅巾 「あぁ、これが問題だ」

係員はそう言うと、1枚の紙を差し出した。

アナグマ4匹が下のような洞穴に住んでいた。

■■■■■■■ 北 ■■■■■■■
■     ■   ■     ■
■  A  ■   ■  B  ■
■     ■   ■     ■
■■■■■■■   ■■■■■■■

西               東

■■■■■■■   ■■■■■■■
■     ■   ■     ■
■  C  ■   ■  D  ■
■     ■   ■     ■
■■■■■■■ 南 ■■■■■■■

 
4匹(アナ・ナグ・グマ・マア)は次のように言っている。

アナ「私の家はAではありません」
ナグ「グマの家はBじゃないよ」
グマ「僕の家はCではないです」
マア「俺の家はDだ」

南側の2つに住んでいるアナグマは嘘を述べている。
しかし、北側の2つに住んでいるアナグマが真実を述べているとは限らない。

4匹のアナグマはそれぞれどこに住んでいるか答えよ。


後藤 「なるほど。論理パズルだな」
遠藤 「俺、こういうのパス (^^;)」 
安藤 「というわけで後藤先輩よろしくお願いします (-へ-;)
後藤 「仕方ねぇなぁ (-へ-;)」 

問題です。
4匹のアナグマはそれぞれどこの洞穴に住んでいるでしょうか。
論理的に説明してください。
Answerアナ、グマ、マアはDに住んでいない(住んでいるとすると、どれも南側に住んでいながら真実を述べていることになる)。
したがって、Dに住んでいるのはナグ。
Dに住んでいるナグの発言は嘘なので、グマはB。
次に、アナをCに住んでいるとすると矛盾する(住んでいるとすると、南側に住んでいながら真実を述べていることになる)ので、Cに住んでいるのはマア。
残ったAに住んでいるのがアナ。

したがって、
A:アナ B:グマ C:マア D:ナグ
■
回答募集は終了しました。

このクイズのヒント

    ヒント知らないよ

このクイズの参加者(54人)

ジャンル・キーワード

携帯用ページ


携帯電話のQRコード読み取り機能でこのページを見られます。

広告 お買い物は下記のリンクからどうぞ

広告
Codyl Connect
広告

広告


広告


広告


広告


広告


広告


広告


広告


広告
クイズ大陸関連書籍