クイズ大陸クイズ大陸

参加型クイズサイト『クイズ大陸』へようこそ!
(2016/09/12) クイズの問題文中に画像を添付できるようになりました。
(2016/04/25) 投稿キーの受付を再開しました。

FAQ
feedRSS


通り魔殺人の夜
難易度:★★★★  
?木有恵尊 2012/03/20 21:44
桜が咲き始めたとある朝、路地裏で一つの死体が見つかった。
被害者は二十代のOL。後頭部を鈍器で殴られ、うつ伏せになって死亡していた。
警察にとって困ったのは、それが「通り魔殺人」であったことだ。通り魔殺人ともなると、事件解決への手掛かりが非常に少なくなる。
そんなある日、一人の少年が「女を殺した通り魔を見た」と警察署にやってきた。

「ほ、本当かい、君」刑事に成り立ての青柳は、声を裏返しながら訊ねた。彼の隣にはパートナーの赤城がいる。
「はい。本当に僕は通り魔を見ました」
「どうしてもっと早く言ってくれなかったんだい」
少年は顔を伏せながら、「怖くて」と言った。「もし警察に言ったら、何かされるのかもしれないと思って」
「まあいい。とにかく、説明してくれ」
青柳に促されて、少年は首を引く。
「僕がコンビニのバイトを終えて自転車で帰っている途中、いきなり近くから女性の悲鳴が聞こえてきたんです」
「ちょっと待って、それは何時くらいの話?」
「多分、深夜零時くらいだったと思います。それで、気になって近くの路地裏を覗きこんだんです。そしたら、奥に髪の長い女性と、その手前に金属バットを持っている人がいて」
「それで?」青柳は手帳に証言をまとめながら、先を促す。
「女性は怯えた表情で金属バットの人を見ていて、壁に背中を付けながら身体を震わせていました。僕も怖くなって、動けなくて。そして次の瞬間、手前の人が金属バットで女性を殴ったんです。そのまま女性は前のめりに倒れて、動かなくなりました」
「その殴った奴の顔は? 性別は?」
分かりません。女性が倒れた後、必死になってその場から逃げましたから。でも、体系からしてだと思います」
「それじゃあ、その男の着ていた服は?」
黒いパーカーを着ていました。下はデニムでした。あと、薄らとですが、背中にGODと書かれていた気がします」
「成る程、これは重要な証言ですね、赤城警部!」
黙って話を聞いていた赤城は少年を見つめ、君、嘘を吐いてはいけないよと優しく言った。
「は?」と素っ頓狂な声を上げたのは青柳だ。
「もし君の言っていることが本当だとしたら、矛盾が生じるんだ。面白がって嘘の証言をしているのであれば、ちゃんと謝りなさい」
少年は顔を青くして、それから「ごめんなさい」と頭を下げた。
一体どこがおかしいと言うのだろうか?
Answer被害者は、後頭部を殴られて死んでいた。
しかし、少年の証言ではどう頑張っても後頭部を殴ることが出来ない。
つまり、少年は嘘を吐いていることになる。
■
回答募集は終了しました。

このクイズのヒント

    ヒント知らないよ

このクイズの参加者(26人)

ジャンル・キーワード

携帯用ページ


携帯電話のQRコード読み取り機能でこのページを見られます。

広告 お買い物は下記のリンクからどうぞ

広告
Codyl Find
広告

広告


広告


広告
クイズ大陸関連書籍