クイズ大陸クイズ大陸

参加型クイズサイト『クイズ大陸』へようこそ!
(2016/04/25) 投稿キーの受付を再開しました。
(2016/09/12) クイズの問題文中に画像を添付できるようになりました。

FAQ
feedRSS


大陸探偵からの技量テスト
難易度:  
? 2012/01/27 11:00
「 え〜と…ハサミとロープとスリッパと印鑑と…え〜と、あとはなんだったかな?」

買い物リストを手に近所の100円ショップで買い物をしていた大陸探偵

そんな大陸探偵の前にスーツ姿の背の高い男が立ちはだかった。
見た目では20代前半といったところだろうか。

「 大陸探偵、私を大陸探偵の助手にしてください。
私の頭脳はきっと貴方の役に立つはずです。」

その男はなんの前触れもなく大陸探偵に向かって喋りかけてきた。

ははは。
余程の自信家なのかな。
はじめて会ったのに自分の頭の良さをアピールするとはね。

いつもはならば無視を決め込む大陸探偵だったのだが…。

「 君、なかなか面白いねぇ。
じゃあとりあえず私の買い物の手伝いをしてくれる?
雇うかどうかはその後で決めるから。」

そんな大陸探偵の言葉に、男はわかりましたと爽やかな笑みを浮かべる。

「 じゃあさ、その認め印がびっしり詰まった回転する棚の中から
これからいう名前の印鑑を探してくれる?」

刻まれた名前の頭文字を基本として、五十音順で回転棚に並ぶ大量の認め印

「 あ、はい。お安いご用です。
…で、どんな名前を探しましょうか?」

「 あ、えっとね。え〜と…う〜ん…?」

「 ど、どうされました?」

「 ははは。名前をどわすれしたんだ。
確か『お前に食わせるタンメンはねぇ!』
ってギャグを言うお笑い芸人と同じ名前だったんだよね。君、知ってる?」

「 もちろんです。次長課長のこうもと…河本準一さんですね。」

「 ああ、そうそう。それそれ。
君、なかなかやるね。探偵は幅広い知識も必要な仕事だよね。
じゃあ、急いで探してくれる?」

「 へへっ…。コホンッ!かしこまりました。
え〜と…こ、こ、こ、こうもと………。」

男はその認め印が詰まった棚の前で一つ一つ順番に
『こ』から始まる苗字をきっちりと確認しながら指差し確認で探しはじめた。
そんな几帳面な性格の男に大陸探偵は突然口を開く。

「 ごめんごめん。勘違いしてた。必要なのは相方【井上】さんの印鑑だったんだ。
…あ、それから君を探偵の助手としてむいているかどうか簡単な技量テストしてたんだけど気づいた?」

「 ええ…!?。」

※※※※※※※※※※

【問題】
大陸探偵がこっそり男に行っていたテスト内容をご説明ください。

※別解もあるとはおもいますが、こちらが用意した答えとの一致で正解判定といたしますのでご了承ください。
Answer正解 >>75
【正解】大陸探偵は助手希望の男が【河本】の読み方に惑わされず「こ」の列を探す前に「か」の列を先に探せるかどうかを試していた。

【解説】次長課長の【河本】さんは「こうもと」だが【河本】は「かわもと」とも読む。
【河本】の印は一般的に「か行」の「こ」の列には並ばず「か」の列に並んでいる事が多い。
(もちろん例外はあります。)
■
回答募集は終了しました。

このクイズのヒント

    ヒント知らないよ

このクイズの参加者(29人)

ジャンル・キーワード

携帯用ページ


携帯電話のQRコード読み取り機能でこのページを見られます。

広告 お買い物は下記のリンクからどうぞ

広告
Codyl Connect
広告

広告


広告


広告


広告


広告


広告


広告


広告
Codyl Connect
広告


広告


広告


広告


広告


広告
クイズ大陸関連書籍