クイズ大陸クイズ大陸

参加型クイズサイト『クイズ大陸』へようこそ!
(2017/10/20) 現在wikiが表示できません。ご不便をおかけして申し訳ありません。
(2016/09/12) クイズの問題文中に画像を添付できるようになりました。
(2016/04/25) 投稿キーの受付を再開しました。

FAQ
feedRSS


頭の体操/論理パズル答え

Q49の答え

下記参照

正解者
waai
ケムリさん
sgkさん
Manamiさん
YELLOW ROOFさん
Okada Mitsuhiroさん
ひろnoるさん
junichi moriiさん
canariaさん
ブンバシさん
AKIさん
tamuさん
kinoさん
Yasushiさん
sunriseさん
イッちゃん
ティモさん
superpower_777さん
asari kounenさん
にしもさん
habaさん
You Taharaさん
nisimatuさん
なりおさん
GRACEさん
横山さん

解説

最短で「17」回かかります。

頭の中だけで考えるとこんがらがってしまいそうですが、駒を作って動かしながら考えるときっと楽しめると思います。

今だから言えますが、私はこの問題に出会って打ちのめされ、クイズの魅力を知り、このサイトを作って、今に至ります。オレの人生にクイズを持ってきやがったのは、おそらくこいつのせいです(^.^;)これからもこのクイズを広めていきたいと思っています。

◆Yasushiさんの解答

まず、舟をこぐことができるのは父、母、メイドの3人です。
父が舟に乗ると息子が殺されてしまいす。
よって息子も同乗しなければなりません。
しかし、一度に乗ることのできる人数は2人までなので、
息子2人のどちらかは殺されてしまいます。
よって、最初に父が舟に乗ることはありません。
同様に母も舟に乗ることはありません。
ゆえに最初は

@メイドと犬が舟に乗り向こう岸へわたることになります。
(舟を使ってわたった先を向こう岸、最初にいるところを岸と呼びます)
向こう岸(舟):メイド、犬
岸:父、息子、息子、母、娘、娘
舟をこぐことができるのはメイドのみです。
犬を同乗させては意味がないので

Aメイドが舟に乗り岸に戻ってくる。
向こう岸:犬
岸(舟):父、息子、息子、母、娘、娘、メイド
向こう岸に犬がいるためメイドが舟に乗らなければなりません。
父、母のどちらかが乗ると息子か娘が殺されるので、この父、母は岸に待機します。
メイド1人で乗っても意味がないので

Bメイドと娘が舟に乗り向こう岸へわたる。
向こう岸(舟):娘、メイド、犬
岸:父、息子、息子、母、娘
(同乗するのは息子でもよいのですが、ここでは娘にします)
舟をこぐことができるのはメイドのみです。
犬を連れて行かなければ娘が殺されるので

Cメイドと犬が舟に乗り岸に戻ってくる。
向こう岸:娘
岸(舟):父、息子、息子、母、娘、メイド、犬
舟をこぐことができるのは父、母、メイドです。
メイドと犬が舟に乗っても意味がないので父か母が舟に乗ることになります。
父が乗ためには息子2人を連れて行かなければなりません。
舟は2人乗りなので不可能です。
よって

D母と娘が舟に乗り向こう岸へわたる。
向こう岸(舟):母、娘、娘
岸:父、息子、息子、メイド、犬
舟をこぐことができるのは母のみです。
娘を連れて行っても意味がないので、

E母が舟に乗り岸に戻ってくる。
向こう岸:娘、娘
岸(舟):父、息子、息子、母、メイド、犬
舟をこぐことができるのは父、母、メイドです。
メイドが乗るためには犬も同乗しなければなりません。
向こう岸で娘を殺さないためにメイドが犬を連れて帰らなければなりません。
そうすると意味がないので、メイドと犬は岸に待機します。
父が乗ると向こう岸の娘が殺されてしまいます。
また岸にいる息子2人も母によって殺されてしまいます。
よって

F父と母が舟に乗り向こう岸へわたる。
向こう岸(舟):父、母、娘、娘
岸:息子、息子、メイド、犬
舟をこぐことができるのは父、母のみです。
岸にいる息子の命を守るため父が舟に乗る必要があります。
母が同乗しても意味がないので

G父が舟に乗り岸に戻ってくる。
向こう岸:母、娘、娘
岸(舟):父、息子、息子、メイド、犬
舟をこぐことができるのは父とメイドのみです。

ここで2通りの考えができます。
それは父と息子の組合せとメイドと犬の組合せです。
父と息子がの組合せで行くと
向こう岸(舟):父、息子、母、娘、娘
岸:息子、メイド、犬
となります。
岸にいる息子の命を守るため父は戻ってこなければなりません。
向こう岸にいる息子の命も守るために母が同乗する必要があります。
そうすると
向こう岸:息子、娘、娘
岸:父、息子、母、メイド、犬
となります。
舟をこぐことができるのは父、母、メイドです。
メイドが乗るためには犬も同乗しなければなりません。
そうすると向こう岸にいる息子と娘を殺さないためにメイドが犬を連れて帰らなければなりません。
そうすると意味がないので、メイドと犬は岸に待機します。
父と母で舟に乗っても意味がありません。
父と息子(または父だけ)で舟に乗ると向こう岸にいる娘が
殺されてしまうので父は岸に待機します。
母だけで舟に乗るとむこうぎしの息子が殺されてしまうので母も岸に待機します。
そうするとこれ以上進められなくなってしまうので、次はメイドと犬の組合せで行く必要があります。

Hメイドと犬が舟に乗り向こう岸へわたる。
向こう岸(舟):母、娘、娘、メイド、犬
岸:父、息子、息子
舟をこぐことができるのは母、メイドのみです。
メイドが乗るためには犬も同乗しなければなりません。
そうすると意味がないのでメイドと犬は向こう岸に残ります。
母1人で行くか母と娘の2人で行くかのどちらかになります。
目的は全員が向こう岸へわたることです。
向こう岸には1人でも多く残しておきたいので

I母が舟に乗り岸に戻ってくる。
向こう岸:娘、娘、メイド、犬
岸(舟):父、息子、息子、母
舟をこぐことができるのは父、母のみです。
母1人で行っても意味がありません。
父が舟に乗るためには岸にいる息子の命と向こう岸にいる娘の命を守るために母も同乗する必要があります。
よって

J父と母が舟に乗り向こう岸へわたる。
向こう岸(舟):父、母、娘、娘、メイド、犬
岸:息子、息子
舟をこぐことができるのは父、母、メイドです。
メイドが乗るためには犬も同乗しなければなりません。
そうすると岸にいる息子を殺さないためにメイドが犬を連れて帰らなければなりません。
そうすると意味がないので、メイドと犬は向こう岸に待機します。
岸にいる息子の命と向こう岸にいる娘の命を守るために父1人で乗るか、父と母で乗るかの2通りの組合せがあります。
父と母で舟に乗っても意味がないので

K父が舟に乗り岸に戻ってくる。
向こう岸:母、娘、娘、メイド、犬
岸(舟):父、息子、息子
舟をこぐことができるのは父のみです。
父1人で乗っても意味がないので

L父と息子が舟に乗り向こう岸へわたる。
向こう岸(舟):父、息子、母、娘、娘、メイド、犬
岸:息子
舟をこぐことができるのは父、母、メイドです。
父が舟に乗るためには息子か母が同乗しなければなりません。
息子が同乗しても意味がありません。
母が同乗すると母は向こう岸にいる娘の命を守るために戻って来なければなりません。
向こう岸にいる息子の命を守るために父も同乗しなければなりません。
つまり父と母が舟に乗って岸に戻ってきてもまたその2人で向こう岸へわたらなければならないため、意味がありません。
よって

Mメイドと犬が舟に乗り岸に戻ってくる。
向こう岸:父、息子、母、娘、娘、メイド、犬
岸(舟):息子、メイド、犬
舟をこぐことができるのはメイドのみです。
岸にいる息子の命を守るためにメイド一人で帰ることは許されません。
また、犬を連れて帰っても意味がありません。
ゆえに

Nメイドと息子が舟に乗り向こう岸へわたる。
向こう岸(舟):父、息子、息子、母、娘、娘、メイド
岸:犬
岸に行くことができるのはメイドのみです。

Oメイドが舟に乗り岸に戻ってくる。
向こう岸:父、息子、息子、母、娘、娘
岸(舟):メイド、犬
舟をこぐことができるのはメイドのみです。
1人で帰っても意味がないので

Pメイドと犬が舟に乗り向こう岸へわたる。
向こう岸(舟):父、息子、息子、母、娘、娘、メイド、犬
となってクリアです。

整理すると
@メイドと犬が舟に乗り向こう岸へわたる。
Aメイドが舟に乗り岸に戻ってくる。
Bメイドと娘が舟に乗り向こう岸へわたる。
Cメイドと犬が舟に乗り岸に戻ってくる。
D母と娘が舟に乗り向こう岸へわたる。
E母が舟に乗り岸に戻ってくる。
F父と母が舟に乗り向こう岸へわたる。
G父が舟に乗り岸に戻ってくる。
Hメイドと犬が舟に乗り向こう岸へわたる。
I母が舟に乗り岸に戻ってくる。
J父と母が舟に乗り向こう岸へわたる。
K父が舟に乗り岸に戻ってくる。
L父と息子が舟に乗り向こう岸へわたる。
Mメイドと犬が舟に乗り岸に戻ってくる。
Nメイドと息子が舟に乗り向こう岸へわたる。
Oメイドが舟に乗り岸に戻ってくる。
Pメイドと犬が舟に乗り向こう岸へわたる。
となります。

なかなか中身の濃い問題でした。説明が長くなって申し訳ないです。
解いていてタイルコさんがこの問題を愛している気持ちが分かりました

参考

夢や冒険にあこがれる心をいつまでも! -- 藤子・F・不二雄

問題:友達に出されました/創作者不明(情報求む!)


[問題に戻る] -- [頭の体操/論理パズル目次] -- [次の問題へ進む]


広告



お問い合わせとメール | 楽しいクイズの発信基地!  http://quiz-tairiku.com/